映画|ヒックとドラゴン

娘ちゃんの夏休み中に、映画三昧をしていたのに
私ったら、何も書いてなかった( ノ゚Д゚)

ということで、夏休み中に観た映画で
おすすめだったものだけチョイスして書いちゃおう。
(もう終わってるのもあるかもだけど…((+_+)))

まずは!

「ヒックとドラゴン」

バイキングの少年「ヒック」と、
伝説のドラゴン「トゥース」の物語。

自分を信じることの大切さ
他人を信じることの大切さ
そして友情や繋がりの大切さ

一人じゃない!
ってことが伝わってくる
心温まるストーリー。

~STORY~
遠い遠い昔、はるか海の向こうのバーク島では、
かいぞくのバイキングが村を守るため
ドラゴンたちと戦い続けていました。

バイキングの少年ヒックは総長の息子なのに、
ちょっと弱虫で何をしても失敗ばかり。
でもいつかはバイキングとして一人前になりたいと思っていました。
そんなある日、ヒックはぐうぜん、
強敵のドラゴンを撃ち落とします。
それは今まで誰もつかまえたことがない
伝説のドラゴン【トゥース】でした。

でもトゥースはケガをして空を飛べなくなっていました。
せきにんを感じたヒックは、
村のみんなには内緒で助けようと考えます。
最初はおたがいに警戒し合っていた2人。
でも少しずつ近づいて仲良くなっていくのでした。
そして2人はひみつの友情でつながり、一緒に空を飛べるように…。

ところがある日、トゥースが村のみんなに見つかって、
つかまってしまいます。
村のみんなはトゥースを利用してドラゴンをやっつけようと考えます。
でもヒックは「人間もドラゴンも同じなんだ。戦わなくてもいい」と思い、
大きな決断をするのでした。

それは、世界をも変えてしまう奇跡のはじまりだったのです。

 …公式サイトより…


ヒックと、トゥースが初めて心通わせるシーンでは、
思わず頬が緩んで笑顔になってしまいます♪

親が子を思う気持ち以上に
子どもたちは自分なりに考え成長しているんだと
親目線で改めて気付かされるシーンもありました。

ヒックのお父さんのように
子どもに期待しすぎて負荷をかけていないかとか、
勝手に子どもの枠を決めてしまっていないかとか、
本当に親として気付かされることが多かったです。

そして、
「信じることの大切さ」も、いっぱい描かれていました。

周囲のことばかりを見て
自分の思いを貫きとおしづらくなっている近年。
自分を信じることの大切さが描かれていました。


谷澤潤さんの言葉を思い出しました。
私の手帳にある走り書きですが…

【学ぶ(生きる)心構え】

「これかな」と思ったことを迷いなくやる。
自分で決めて、力強く実行する。
「とにかく今はこうしよう」と自分に言い聞かせる。
自分で考え、自分で決める。そして前に進む。
前に進むのが先。
あれこれ思い悩むより、まず決める。
力強い生き方をしている人はそういうもの。
最初と違ったところがあれば
気付いた時に修正すれば良い。
人のせいにしないこと!


この言葉どおりの物語だと思いました。

娘ちゃんがどのように感じて観たかは
わからないけれど。

物語に感動するだけじゃなくて
物語が伝えようとしていることをくみとって
成長してくれていれば嬉しいな♪

そして、私もヒックのお父さんと同じにならないよう
ちゃんと、娘の姿を見て成長を見つけなくちゃね!!

この映画、親子で観に行くことを強くオススメします(´・∀・`)b
トラックバックURL : https://yoko129.exblog.jp/tb/15256578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yokodiary | 2010-10-08 20:11 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

LittleCherryStone作者. 日々の出来事や想いを気ままに綴るブログ。幸福を見つけることが得意でマイニチは宝箱だと感じています♪ 好酸球性副鼻腔炎(指定難病)と共に歩み中。


by lcsyoko
カレンダー