わからない

 全て受け入れることができるわけでもないから、簡単に、軽率に 「私のところにおいでよ」 なんて言えない。 それでもやっぱり応えなくてはいけないときはどうすればいいんだろう。

 どうすればいいのかわからない。



 守ってあげたいと思うし、助けてあげたいとも思う。 でも、現状を考えるとそれを行動に移すことがとても難しいことだということもわかっている。 どうしてあげればいいのか、どうすれば一番いいのか、答えが見つからない時。 もどかしくてもどかしくて何もできない小さな自分に腹が立ちます。 くやしくてくやしくて涙がこぼれます。

 今の私にできることといえば、娘を全力で守るということぐらい。 娘を守りきることができているのかどうかさえわからなくなるときがあるのに、それ以上のものを抱えこんで守る自信や勇気が私にはありません。

 手を差し伸べることがその人にとってプラスになるのかマイナスになるのか… 答えは見つかりません。 きっと正しい答えなんてないのかもしれないですけれど。 それでも、何か、何かできることがあるはずなのに、それが見つけられない自分にもどかしさと腹ただしさを覚えるばかりです。

 話を聞いてあげるくらいならできる。 そう思って、話をするようになったけれど、本当に聞いてあげるだけでいいのかしら? もし、私に寄りかかってしまったら?? 寄りかかられているときに娘を優先して放り出してしまったら? 居所を見失った人間ほど淋しくて怖いものはないと思うのです。 それが引き金になって、今よりもさらに悪い状況へと進んでしまったら…。

 いつもはプラス思考の私でも、自分のことなら平気な私だけれど、私以外の人間には慎重になりすぎてしまったりするのです。 
[PR]
トラックバックURL : https://yoko129.exblog.jp/tb/2759989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yokodiary | 2005-09-23 23:02 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

LittleCherryStone作者. 日々の出来事や想いを気ままに綴るブログ。 幸福を見つけることが得意で、マイニチは宝箱だと感じています♪ 毎朝の日課は家族のお弁当作り。


by LCSyoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31