秋の夜にオススメの一冊

ノンフィクション物語 Web本

 久しぶりに愛らんどを更新しようかと、ページを開いて目にとまった文。「愛らんどから出版」の文字。愛らんどのBook機能に自分の気持ちの整理をするためにつけた物語がヒットとなり、その読者からのリクエストにより一冊の本にまでなった物語...『天使がくれたもの』秋の夜にちょうどいいじゃん。ちょこっと読んでみよう。なんて思って読み始め、先ほど読み終わりました。

 じんじんとする気持ちを思い出させてくれる一冊でもあり、様々なことを考えさせられる一冊でもありました。 主人公に入り込んで読む物語ではなく、あくまでも第三者として、でもその場所に居るかのように...流れる風景をソコで佇んで眺めているようなそんな感覚。 長編ドラマを見終えたような気分になりました。

 疲れることもなく、一気に読み終えることが出来たのは、きっと本当の言葉が書かれていたから。飾りも何もない本当の心と本当の言葉。そしてchaco(著者)さんの想いが詰まりすぎるほど詰まっているから...。 先が読めるような三流のドラマのようなテンポではなく、ドキドキしながら、時には上手くいかない展開に少し苛立ちをおぼえながら。 すっかり仲間になったような感覚で読み進みました。

 きっと、まだまだこれからこの物語はじわじわと浸透していくんだと思う。 今夜の私もその1人。 この物語を読み終えたら、きっと誰もが 『素直になろう。素直に生きよう。』って思うんじゃないかな。 少なくとも私はそう想いました。 回り道も大事だけれど、今何が一番自分にとって大切なのかを、ちゃんと見つめながら考えながら素直に生きれるようになろうって。

c0004311_3353528.jpg
 秋の夜長にオススメの一冊です。
 是非読んでみて下さい。
 涙腺ゆるい人はティッシュの準備も忘れずに。
 web本『天使がくれたもの』
 天くれ特集
[PR]
トラックバックURL : https://yoko129.exblog.jp/tb/2895666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yokodiary | 2005-10-16 03:24 | 本棚 | Trackback | Comments(0)

LittleCherryStone作者. 日々の出来事や想いを気ままに綴るブログ。 幸福を見つけることが得意で、マイニチは宝箱だと感じています♪ 毎朝の日課は家族のお弁当作り。


by LCSyoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31