天上の弦、響く

 今月届いたCDはヴァイオリンのCDでした。 毎月届くCDを娘と二人楽しみに聴きます。 初めての月はピアノ曲が届き、先月は馬頭琴。 そして今月はヴァイオリン。 それぞれの音色はとても美しく、ボーカルのない曲が大好きな私にはとても嬉しいCDです♪

 楽器の女王といわれるヴァイオリン。 他の楽器とは異なり、1550年ごろの北イタリアで、改良の余地が無いほど完成した形で誕生した楽器がヴァイオリンです。 名器とし称されているのが “ストラディヴァリ” と “ガァルネリ” 。おおよそ300年前に製作された楽器が今もなお最高峰として君臨しています。

  今回の 『天上の弦、響く』 には、世界に5人しかいない"無鑑査マスターメーカー"の陳昌鉱氏の激動の半生を彷彿させる曲が綴られています。 ヴァイオリンとビオラは、東洋のストラディヴァリと呼ばれる同氏が製作したもの。 高音は天高く登るような音色で、低音は草原を渡り川を下る風のような音色です。 ヴァイオリンのことはよくわからなくても、このCDを聴けばきっとヴァイオリンの音色の魅力に魅せられること間違いなしです。 私がそうでしたから。

 12曲が収録されているのですが、中でも私が気に入ったのは 『母の教え給いし歌』(ドヴォルザーク)と、『サラバンド』(J.Sバッハ) の2曲です。 静かに静かに、美しいヴァイオリンの音色が 耳に、心に、体に流れ込んできます。 こんなにヴァイオリンの音色って美しいものだったんだなぁと、改めて発見です。今まで聞いていたヴァイオリンの音色は何だったのだろう...って思うくらい。本当に美しい音色です。

 また、『荒城の月』は、中学に習ったなぁ...くらいしか思い出も何もないのに、しんみりと心に染入り、ホロリと涙がこぼれてしまいました。 自分でも驚きです。 ヴァイオリンの音色に恋しました。 ほんとに本当に。是非聴いてみてください!!

 毎月素敵なCDを選曲して届けてくださっている「音楽探偵」さんに心から感謝です。
[PR]
トラックバックURL : https://yoko129.exblog.jp/tb/3060044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yokodiary | 2005-11-13 20:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

LittleCherryStone作者. 日々の出来事や想いを気ままに綴るブログ。 幸福を見つけることが得意で、マイニチは宝箱だと感じています♪ 好酸球性副鼻腔炎(指定難病)と共に歩み中。


by LCSyoko
カレンダー